腹式呼吸ってどういうもの? まずは仕組みを理解しよう!

abdominalbreathing

ボイストレーニング系のサイトやQ&Aを読んでいると、
腹式呼吸という言葉をよく目にしませんか?
「腹式呼吸ができなきゃ歌が上手くなれない?」
「腹式呼吸はもはや必須スキル」
え? やばくね?(((( ;゚д゚)))アワワワワ的な気持ちになるかもしれません。

だって、よく出てくる単語ですからね。
先生が「テストにここ出るぞ!」って言ってるような大切さを感じちゃいます。

そのくらい大切、という点では私も同じ意見です。
習得自体は難しくないので、ぜひ身につけてもらいたいです。

腹式呼吸をマスターすることで息の長いフレーズも安定して歌いこなすことができるなど、
ボイストレーニングとしてはまさに基礎にあたるのが腹式呼吸。

そのあたりも含めて、今回は「腹式呼吸ってどういうもの?」を議題にします。

1.腹式呼吸ってどういうもの?

1-1.呼吸のしくみ

腹式呼吸について説明する前に、まずは呼吸のしくみをおさらいしておきます!
息を吸って吐くこと、これが呼吸なわけですが、

「息を吸う」「息を吐く」

という動作をするとき、体の中では何が起こっているの? ってこと。

息を吸うと、体の中に空気をためこむことになります。
逆に、息を吐くというのは、体の中にためていた空気を外に出すことですよね。

風船に例えるとわかりやすくなります。
息を吸うという事は、風船の中に空気をためる=風船をふくらませること。
息を吐くという事は、風船の中の空気を外に出す=風船をしぼませること。

そして実際の体で、風船にあたる役割をこなしているのがです(゚ρ゚)ノハイ
肋骨の内側にある、左右2つの袋状の器官です。

息を吸うと肺が膨らんで、
息を吐くと膨らんでいた肺がしぼむ。そういう仕組みです。

1-2.腹式呼吸と胸式呼吸

腹式呼吸に対応して、胸式呼吸(きょうしきこきゅう)とよばれるものがあります。
ふだんの生活の中でしている呼吸はほとんどがこの胸式呼吸にあたります。

どちらの呼吸法も肺をふくらませたりしぼませたりして、息を吸ったり吐いたりする、
という点では共通しています。
ただ、肺をふくらませる(しぼませる)時に、主にどこの筋肉を使うのかが違います。

肺はその周りを肋骨と横隔膜に囲まれています。
息を吸い込む時には肋骨が広がり、横隔膜が下に降りてきます。
そうすることで肺の中の圧力が下がって、口や鼻から空気が引き込まれてくるんです。
逆に息を吐く時には広がった肋骨が戻り、横隔膜が上にあがります。
これによって肺の中の空気は外に追いやられ、口や鼻から空気が出ていくんです。

そして、胸式呼吸と腹式呼吸の違いはというと…

呼吸の時に肋骨の動きを大きく使うのが胸式呼吸
横隔膜の動きを大きく使うのが腹式呼吸、
ということなんです。

胸式呼吸では主に肋骨を動かす力で呼吸をするので、呼吸にあわせて胸がふくらんだり、肩が上下するのが特徴です。
反対に腹式呼吸では主に横隔膜を動かす力で呼吸をします。肋骨の動きは小さく、胸式呼吸のときほど胸や肩は動きません。
その代わり、息を吸って横隔膜がさがると横隔膜の下にある胃や腸などの内臓がおさまっていた空間が狭くなるので、胃や腸が前にせり出し、お腹がふくらみます。
つまり、息を吸うとお腹がふくらんだように見え、吐く時にお腹がしぼむように見えるのが腹式呼吸の特徴です。

2.腹式呼吸で歌うことにどんなメリットが?

腹式呼吸で歌うことのメリットはいくつかあります。

  • 息が安定して、最後の一息まで使いきれる
  • 息の強さを細かく調整することができる
  • 声に芯ができる
  • 腹式呼吸でなければ出せない発声法がある(ホイッスルボイス)

腹式呼吸は胸式呼吸に比べて息の柔軟な調整ができることが最大のメリットだと思います。
胸式呼吸ではどうしても音量を絞ると声もか弱く、遠くまで届かない芯のない声になりがち。
でも、腹式呼吸では音量が小さくても芯のある声をつくることも可能です。

また、腹式呼吸で歌っていると最後の一息まで使いきったとしても「苦しいけど頑張って出している感」が少ないです。
胸式呼吸ではこうはいきません。

笛を鳴らしたような超高音はホイッスルボイスと呼ばれますが、これは腹式呼吸でなくては発声不可能な声です。
女性の中でも特に限られた方しか扱えない音域です。
ごくまれに男性でもホイッスルボイスを扱えるケースがありますが、本当にまれです。

3.腹式呼吸なんて練習したことない!というアナタに

腹式呼吸は練習すれば誰でも身につけられるスキルです。安心してください。

また、腹式呼吸の練習をしたことがなくても、
腹式呼吸で息をした経験は誰しもあるはずです。
あくまで、腹式呼吸で歌った経験がないだけ。

だから、あまり難しく考えずに腹式呼吸を習得してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

この議事録をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当委員会をフォロー

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA