お酒を飲んでも声を枯らさない方法ってある?

cheers飲み会に二次会はつきものですよね。

もう一軒ハシゴするか、ボーリングに行くか、カラオケに行くか…

二次会につきもののカラオケですが、お酒が入っているといつもの調子が出ないどころか声を枯らしちゃって、オネエみたいな声になったり、カラスの鳴き声みたくなったり、それはもうひどいことになるわけです。

お酒を飲んでもなるべくいつもの調子で歌いたい!翌日、ガラガラ声にならないようにしたい!という人のために議事録を作りました꒰ ∩´∇ `∩꒱

お酒はこうして声帯を蝕む!

飲んだもの、食べたものは食道を通って胃や腸に送られていきます。

一方、声帯は気管につながっていて、肺ともつながっているわけです。

飲んだお酒が直接声帯に触れることはありませんが、体内に吸収されたアルコールが、徐々に声帯に影響してくるんです…

まず、アルコールは血液中に取り込まれます。そうすると、血液の流れに乗って全身に行き渡るわけですね!

おかげでやたらとテンションが上がったり、顔や肌が赤くなったり、フラフラしたり、終電のことなんかどうでもよくなったりします。

当然、声帯にも血液を経由してアルコールが届きます。酒臭い息にも気体になったアルコールが含まれているので、息からもアルコールが届きます。ダブルパンチ!

すると、充血して赤みを帯びたり、筋肉の制御がふだんより上手く出来なくなったりするわけです!声帯でも同じことが起こるんですね!

そうすると、うまく声帯を制御できず、高音が出しにくくなってしまったりします。

アルコールが厄介なのはそれだけではなくて、体内でアルコールを分解するのには多くの水を必要とします。

「あれだけビールを飲んだのに、なんか喉乾くなー!」ってなるのは、液体を飲んでいてもアルコールの分解に水分が使われるせいで、体の中は乾いているからなんです。

で、声帯でも同じことが起こります(2回目

普段はしっとり濡れている声帯が乾燥気味になり、声を出すときの摩擦で痛みやすくなるんです。

これがお酒を飲んだ時に喉を痛めたり、声を枯らしたりする原因になっています。

お酒は声帯の敵?

今までの文脈だとお酒は完全に悪者ですが、ごく少量ならかえってメリットになることもあります。

少量のアルコールなら、血流を促進して体温を上げ、筋肉が動きやすいコンディションになります。

この程度で止めておければ本当はベストなんですが…飲み会の雰囲気だとか、お酒の美味しさが、立ち止まることを許しませんよね。

せめて少しでも喉をいたわるためには、飲み方を工夫することです。

喉にやさしいお酒の飲み方

1.チェイサーを頼もう

酔う前からチェイサーを頼んでおいて、お酒の合間に挟むようにしましょう。

これは、アルコールを分解する水分を十分に補給しておく目的と、飲んだお酒のアルコールを薄めて、吸収を穏やかにする目的があります。

2.可能なら前日にほんの少しだけお酒を飲む

アルコールを分解する酵素(タンパク質)は体内で作られます。

血液中にアルコールが入ってくるとこれが刺激となって、分解酵素を作れ!という指令が動くようになっているんです。

そのため、前日に軽くお酒を飲んでおくと、翌日のアルコール分解能力がほんの少しですが向上することが期待できます。

決して酔わなくなるというわけではないのでご注意。

また、前日軽く飲むだけ…のつもりが、美味しくていっぱい飲んじゃう人もご注意。

3.飲みすぎない

もう、これに尽きます。

いくらチェイサーを挟んでも飲みすぎたら結局意味なしですし、前日に何をしようが、ウコンのパワーに助けてもらおうが無理なものは無理。

飲みすぎたらあまり大声を張り上げない、気持ちよく歌いたければ張り切って飲みすぎない。

どっちも全力で頑張る人には、もれなく翌日のしゃがれ声がプレゼントされてしまいます。残念ながら。

まとめ

あちこちでよく聞く言葉ですが「節度を守って…」ということが、お酒と喉の関係にもまるまる当てはまります。

翌日に後悔したくない人は、ちょっとお酒の飲み方を工夫してみては。以上、naonariでした!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

この議事録をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当委員会をフォロー

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA