しゃくりを使いこなして歌おう!

syakuriカラオケの採点機能を使ったことはありますか?
使ったことがある方なら、歌における「しゃくり」について聞いたことがあると思います!

今回は、しゃくることが議題です。
しゃくりの役割から、しゃくらない方がいいケース、などなど、早速まとめていきます!

1.しゃくりとは?

まずそもそもしゃくりとは何?っていうところなんですが、
…決してアゴの話ではありません。

歌で「しゃくる」とは、音の出始めの一瞬、正しい音より少し低い音を使うことをいいます。
つまり、狙った音に対して出だしは少しだけ低い音を出して、そこからずり上がって正しい音程になるように歌うんです。
実際にはどのくらい低い音から始めるという決まりはありません。

2.しゃくりを使う意味とは?

2-1.しゃくりを使う効果

しゃくりを使う意味は大きく2つあります。
ひとつは、音程を取りやすくすること。特に音程がジャンプするときにしゃくりを使うと、歌う方は歌いやすいです。
もう一つは、メロディを聴きやすくさせること。しゃくりを効果的に使うと音程が曲線的につながって、流れるように聴こえます。グルーヴ感が出るとも言えます。

注意点としては、音程が取りやすくなるからといってしゃくりを多用しすぎると、メロディがうねうねしすぎて非常に聴きづらくなってしまうこと。
しゃくりを使うにしても、自然に聴こえる範囲にとどめるのがベターです。

どのくらいを超えたら過剰なの?! って言われると、それは曲によるとしか言えません。
しゃくりを意識して色々なアーティストの色々な曲を聴きこんでいると、心地良いしゃくりの頻度が感覚でわかってきますよ。

2-2.しゃくりを使わない意味もある

逆に、しゃくりを使わないこと、使用頻度を抑えることで表現できることもあります。
松任谷由実さんの卒業写真がその最たる例ですが、しゃくりを控えることに加え、ビブラートもあえて使わずに歌うことで文字通りまっすぐな表現を実現しています。

しゃくりはメロディを聴きやすくする効果がありますが、その分こなれ感もあります。
そのため、しゃくらずに歌うことで純粋さ、まっすぐさを演出することもできるわけです。

その代わり、しゃくらずに歌うという事は音の出始めの瞬間から正しい音程を狙って、
1音1音ていねいに歌う必要があります。
特に音程が細かく動いたり大きくジャンプする曲では音程に気をつかうことになります。

2-3.聴き比べて印象の違いを実感しよう

歌い手のhalyosyさんがしゃくりを使い分けて歌っている動画があります。

Kylee/Crazy for youのカバーです。
出だしのサビは原曲通り、
1番はしゃくり無し、
2番はしゃくり多め、
ラストのサビ以降はしゃくり・しゃくらないを使い分け
という、まさにしゃくりの教材としてこれ以上ない歌い分けをしてくださっています。

3.しゃくりはどう使う?

しゃくらないで歌うことにも意味がある…と言っておいて何ですが、ほとんどの曲ではしゃくりが使われています。
しゃくりを意識して聴けば、あの曲にもこの曲にも…しゃくってない歌なんてあるの?!ってくらいたくさん見つかりますよ。
しゃくりを避ける傾向にあるジャンルは、合唱曲と童謡くらいでしょうか。

しゃくりの頻度としゃくりの深さには個人差があります。裏を返せば、そこに個性が出ます。
しゃくりの「深さ」とは、最終的に出したい音程よりどのくらい低いところから始めるか、ということです。

このあたりはメロディの節回しの部分になりますね。
深いしゃくりにはそれだけ強い情念の表現が伴います。まずは自分なりに自然に聴こえるしゃくりの深さを探してみるといいでしょう。

自分のお気に入りのアーティストや曲でしゃくりがどう使われているのか、聴き込んで研究してみてください。
誰もが使っているテクニックだけに、あなたも無意識に使っているかもしれませんね。

とはいえ、無意識に使っている、と、意識的に使ったり使わなかったりしている、では大きな差があるものです。
しゃくりに意識的になるだけで、メロディワークの幅がぐっと広がりますよ。

以上、naonariでした!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

この議事録をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当委員会をフォロー

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA