ボイトレビギナーの方に裏声のトレーニングをすすめたいこれだけの理由

どうも、委員長のnaonariです!

突然ですが、裏声、鍛えてますか?

実はボイトレビギナーの人ほど、裏声のトレーニングは最重要・最優先事項です。まずは普段使う音域から…と地声ばかり鍛えず、裏声にもしっかりフォーカスしましょう!

裏声のトレーニングがなぜ最優先事項なのか、そこにはたくさんの理由があるんです。

ファルセットを練習しないの?

純粋な裏声=ファルセットを磨くことでミックスボイス習得につながる

歌うことは運動だ!

歌う時には、主に声帯周辺の筋肉群が働いて音程を調節し、呼吸に関わる筋肉群が息を送り出し、声をつくります。

いくら「音楽は芸術・歌は芸術」と言われようが、当委員会の主張はこうです。「歌は運動だ!」。なぜなら、歌声は筋肉の動きによってコントロールされているから。

スポーツも、筋肉の動きによって体をコントロールしますからね。歌と同じです。

普段は地声オンリーで過ごしています

ふだんの会話で、裏声を使いますか?

「ふんだんに使っています!(ドヤ」という人は、きっと変わり者ですよね…。いわゆる地声で話すひとが大半のはずです。

これは裏を返せば、われわれは普段裏声を使っていません!ということになります。

使っていないから、使い方がわからない。コントロールできない。

使っていないから、いざ使おうとしたときにパワーがない。使うための筋肉が育ってない。

こんなことが起こるんです。こんなところもスポーツと似ているんですよ。

大抵の場合、ボイストレーニングをしたことがない人、日常的に歌いこんできたわけではない人は「ボリュームのバランスが地声>>裏声となっていて、裏声が弱弱しすぎる」「息がもれたようなサーとかスーというようなかすれた音が裏声に混じる」という状態になります。

ファルセットを出しているときの状態

「裏声」とひとくちに言っても、実は様々です。

「地声/裏声」という分け方では、発声法をうまく区別できませんが、いわゆる「裏声」はファルセットとヘッドボイスの両方を含めることが多いです。

ファルセット息漏れしたような響きのある裏声ヘッドボイス息漏れが少なく、鋭い響きのある裏声です。では、ファルセットとヘッドボイスの声の出し方の違いはどこにあるのでしょう?

ファルセットを出す時は、輪状甲状筋の働きによって音程調節を行っています。横被裂筋は機能しておらず、声帯の閉鎖が弱いため、声帯の一部が開きっぱなしになってしまいます。これが原因となって、息漏れが混じるように聴こえます。

一方、ヘッドボイスを出すときには輪状甲状筋はもちろん、横被裂筋や後輪状被裂筋も機能します。声門を開く筋肉と閉じる筋肉が同時に働いていて、お互いに綱引きのような状態になるのですが、横被裂筋の働きの方が後輪状被裂筋よりも強い状態になっているため、声門が閉じ、息漏れの少ない聴こえ方になります。

ファルセットの重要性

ファルセットに比べると、ヘッドボイスは色々な筋肉が同時に機能していて、ごっちゃりした、そしてそれだけ繊細な制御が求められるものだということがわかると思います。

そしてこの状態はミックスボイスに非常によく似ています。ミックスボイス高音域でも地声のような太い響きで発声できる発声法です。

その名の通りミックスボイスは2つの発声法を混合したような状態にあたるわけなんですが、これは「地声とファルセット」の混合なんです。

ただし、混合を行うには条件があります。2色の絵の具を混ぜて新しい色にする時と同じなのですが、一方が強く、一方が極端に弱い状態では、混ぜ合わせてもほとんど変化しません。

混ぜ合わせて新しい色になるためには、2つの絵の具がある程度同じくらいの量でなければいけないのです。

でも! 普段は裏声を使わないため、ファルセットの筋肉が鍛えられていない人が大半。つまり、ファルセット側の絵の具が圧倒的に不足しているんです。こんな状態で「ミックスボイスを練習するぞ!」なんて、言語道断!

トレーニングして、ファルセットの筋肉を地声の筋肉に見合う程度まで鍛えなければ、混ぜ合わせてミックスボイスを習得することは非常に困難です。

ファルセットを磨くことで声帯筋の感覚が磨かれます

ファルセットは輪状甲状筋を活用している状態で、横被裂筋を使いません。

一方、地声を出しているときは輪状甲状筋はもちろん、わずかながら横被裂筋も活用しています。

そのため、純粋なファルセットを出している感覚を身につけることは、輪状甲状筋だけを活用する感覚、横被裂筋を休ませる感覚を身につけることにつながります。

ちなみに、前述しましたが、ミックスボイスは地声とファルセットをミックスするものなので、横被裂筋を使わない発声と横被裂筋を使う発声の中間、つまり横被裂筋をちょうどいい具合に使う感覚が必要になります。

そのためには、横被裂筋のON/OFFする感覚を身に着けていることが前提になるのです。こうした点でも、ファルセット習得がミックスボイス習得への足がかりになっています。

ただしファルセットは実際の歌唱には使いにくい

これ。ファルセットの最大の弱点は、声門が閉じきっていないために息漏れする、という点です。

息漏れするということは声にならない、むだなブレスを使ってしまっているということなので、本来出せる声量の何分の1という声量しか出せなくなってしまいます。また、息も長持ちしないため、一息で歌えるフレーズは短くなりがちです。

高音は出るけれど、音量もない、長持ちもしない…そんなファルセットを常用するわけにはいきませんよね。

プロの歌を聴いていても、ファルセットが使われることは非常にまれです。ただし、ファルセット特有の息漏れ感、弱弱しさを、表現の一部として使うことはありえます。

そのため、ファルセットの練習も完全にむだ、というわけではないんですね。表現の幅を増やすという意味では、しっかりと役立ちます。

それでもまだ、ファルセットの練習をしないの?

まとめましょう。ファルセットの練習には、色々なメリットがあります!

  • 裏声を出す感覚(横披裂筋を休ませ、輪状甲状筋で声を出す感覚)が研ぎ澄まされる
  • 裏声がパワーアップして、ミックスボイス習得のスタートラインに立てる
    (裏声が貧弱ではミックスボイス習得のスタートラインに立てない!)
  • 表現としてのファルセットを使いこなせるようになる

あぁ、なんて素晴らしい。ファルセットの練習にこれほどのメリットがあるなんて!

で、あなたはどうしますか? これでもまだ、ファルセットの練習をしないの?

…以上、naonariでした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

この議事録をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当委員会をフォロー

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA